四国

スポンサードリンク


本四連絡道路

  • 本四連絡道路の渋滞情報&予測をお届けします!

■高速道路を利用する方へ

高速道路 本四連絡道路 渋滞高速道路や有料道路を利用するときは快適でありたいものです。
高速道路は、日本の経済・社会・くらしを支える大動脈です。
高速道路によって、車での旅行時間が大幅に短縮されたり、移動時間が短縮されます。

しかし、高速道路などには、渋滞や事故がつきものです。
事故や渋滞が前もってわかっていれば、スムーズな移動に繋がります。

また、最近の高速道路のサービスエリアやパーキングエリアはおしゃれになり、
遠出のドライブも楽しくなりました!

快適なドライブをするためにも交通情報は欠かせないものです。

■本四連絡道路 SA/PA等の情報!

本州四国連絡道路は、国土交通大臣が定めた基本計画にかかる、本州と四国を連絡する有料道路の一般国道。
本州と四国を結ぶ3本の道路であり東から順に神戸・鳴門ルート(神戸淡路鳴門自動車道)、
児島・坂出ルート(瀬戸中央自動車道)、尾道・今治ルート(西瀬戸自動車道)となっている。

<SA/PA情報>
・淡路SA(上)
淡路サービスエリアの上下線は、どちらからでも、自由に行き来できます。
明石海峡大橋の勇壮な景観を間近で眺められることから「橋のみえる丘」とも名付けられ、潤いのある憩いのスペ一スを提供しています。
また、下り線には大観覧車もあり空中散歩を楽しむことが出来ます。
さらに、淡路SA上りに隣接する淡路ハイウェイオアシスには、レストラン、カフェ、売店があります。

・与島PA
瀬戸中央自動車道海峡部のほぼ中央に位置する与島PAは、絶好のビュ一ポイント。
壮大な瀬戸大橋を身近に楽しめ、瀬戸内海を往来する船舶を大パノラマで展望できます。ドライブ途中のリフレッシュには最高です。
「讃岐特産品コーナー」では「讃岐のおいしさ」をお届けするお土産品がたくさん揃っています。

・来島海峡SA
来島海峡は鳴門海峡・関門海峡と列び、日本三大急潮と呼ばれています。その上にかかる来島海峡大橋は世界初の三連吊橋を形成しています。
四国側から来島海峡を眼下に望む位置にあり、来島海峡大橋を一望でき、休憩に最適です。

■こちらで本四連絡道路の渋滞情報&予測情報をチェック!

主な日本の高速道路の渋滞や事故の情報を早くキャッチして、快適なドライブをして下さい。

渋滞情報&予測<全国高速道路>

全国の高速道路・首都高速・有料道路を中心とした渋滞情報、渋滞予測、事故渋滞に関する専門サイトです。

日本道路交通情報センター

E-NEXCO ドライブプラザ

NEXCO中日本

NEXCO西日本

当サイト厳選!楽天市場のお役立ち渋滞情報&予測グッズ情報


今、楽天市場で人気お役立ちの渋滞情報&予測グッズのご紹介です。人気の渋滞情報&予測グッズはよく売り切れになっているようですので、気になる方は早めにチェックしてくださいね。
「交通渋滞」徹底解剖
【送料無料】「交通渋滞」徹底解剖

「交通渋滞」にまつわる「不思議」や「なぜだろう」を解き明かす決定版!「渋滞の切り札は自動運転?カーナビ?ETC?」「当たる『渋滞予報』で儲ける方法?」「ローマ皇帝カエサルが渋滞対策に奔走?」「路上駐車取締りで地球温暖化対策?」「次々と青に変わる魔法のような交通信号制御術」「道路を『予約』するとは?」「渋滞情報が新たな渋滞を起こす?」「もしもクルマを使うことが『犯罪』だったら?」など話題満載。
スマートフォンGPS活用ブック
【送料無料】スマートフォンGPS活用ブック

GPSを利用してスマートフォンをより使いこなす方法を解説。地図、ナビゲーション、施設/スポット検索、チェックイン、ログ、ジオタグetc.iPhoneやAndroidで“使える”アプリも厳選紹介。
ゼンリンデータコム デジタル全国地図 交通渋滞情報サービス付き
ゼンリンデータコム デジタル全国地図 交通渋滞情報サービス付き (説明扉付きスリムパッケージ

リアルタイムに渋滞情報が配信されるサービスが付いた電子地図。検索したルートを走る様子をシミュレーションすることができるほか、複雑な立体交差も3D表示。また、「デジタル全国地図」で調べたルートや、お気に入りに登録した情報を、カーナビに取り込むことができる(日産「CARWINGS」、「Honda・インターナビ」に対応)。

日本道路交通情報センターを活用してみよう!

今はほとんどの車にナビゲーションが付いているので、ナビからの情報で少しは渋滞から逃れることが可能かもしれません。
スマホのアプリで情報を得ることも可能です。

大抵、行楽シーズンや大型連休の時など、必ず渋滞しますよね。

日本道路交通情報センターでは、24時間5分更新で情報が提供されています。
全国各地のNHKや民間の放送局を通じてラジオ・テレビで道路交通情報を提供されていたり、 全国各地のセンターへ電話を掛けて情報を得たり出来るので、ご利用してみてください。

スポンサードリンク

アンチエイジング興味あり